2006年04月29日

ニューヨークのロマンチックな場所は??

4月ももうすぐ終わりですねたらーっ(汗)皆さんはゴールデンウィークにどこに行かれるのでしょうか?予定はありますか?私は1日に温泉に行くことになってるのですが、行き先がまだ決まってません!(笑)



さてさて、突然ですがニューヨークのロマンチックな場所ってどこだと思いますか?いっぱいありますよねぇ揺れるハート;About.comというサイトさんで「New York City's Best Places to Kissムード」というタイトルの記事を見つけました。

1) Central Park
2) Top of the Empire State Building
3) Tiffany's
4) Brooklyn Botanical Gardens
5) Brooklyn Promenade
6) Ice Skating Rink at Rockefeller Center
7) Metropolitan Museum of Art
8) Hudson River Park
9) New York City's Waterways
10) Lincoln Center

トップ10は以上のようになってますがいかがですか?
エンパイアの展望台は確かにロマンチックな場所ですが、時間帯を選ばないとちょっと人がごちゃごちゃすぎる気がします。エンパイアの上で告白ハートたち(複数ハート)どんっ(衝撃)なんて考えてる方は時間帯と天気を要チェックです!


上記トップ10以外にもいくつか場所が浮かんだのですが、どこだったか名前が思い出せませんたらーっ(汗)ブログを書いていて改めて思ったのですが、私は「名前」に無頓着過ぎるようですバッド(下向き矢印)レストランの名前や店の名前を覚えてないんですよね。どういう場所とか雰囲気とか、食べたものとか、店員さんは覚えているのに名前だけ覚えてないというか知らないんです。曲の名前とかも全然、覚えようとしないのでいい曲だな〜。歌えるけど名前知らないやぁ〜。って感じで・・・

思い出すか、調べてわかったらロマンチックな場所をアップしてみますねグッド(上向き矢印)



banner_02.gif

posted by EL at 03:02 | ニューヨーク ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 観光情報>ウェブツアー・スポット紹介

2006年04月22日

ブルーノート @ニューヨーク

bluenote.jpgニューヨークのジャズクラブといえば、ブルーノートを思い浮かべる方は多いと思います。もちろん、ニューヨークには他にも有名なジャズクラブがたくさんありますが、今回はブルーノートをご紹介します!


ブルーノートは日〜土曜日とオープンしています。火曜〜日曜は世界的に有名なアーティストが月曜日は素晴らしい地元のアーティストの演奏のようです。(←異なる場合もあります。)そのためか、料金が月曜日と他の曜日では異なります。ツアーの場合はどの曜日でも料金は一律だったと思いますがあせあせ(飛び散る汗)お客さんにプランを提示するときにジャズツアーは出来るだけ月曜日にと言われてたのですが、調べると理由がわかってしまいすねもうやだ〜(悲しい顔)1度、抗議したら怒鳴られた記憶がありますふらふらツアーは高いけど利益が出にくいから仕方ないといえば仕方ないのですがたらーっ(汗)

料金・時間は以下のようになっています。これに、ドリンク代やTaxなどがプラスされますので予算の目安にしてください。


[月曜-8PM〜・10:30PM〜]
バー:$5 テーブル:$10

[火〜日-8PM〜・10:30PM〜]
バー:$20 テーブル:$35

[金・土-12:30AM〜]
テーブル:$8

[日-12:30PM〜・2:30PM〜]
テーブル:$19.5


スケジュール・出演者はこちらひらめきでチェックしてください。


夜はちょっと・・という方は日曜日のブランチがおすすめです。ライブ・ブランチ・1ドリンクで$19・5はお得だと思いますよわーい(嬉しい顔)


ブルーノートへは A・E・C・F・Q・B・DラインでWest 4th駅下車、徒歩3分です。地図はこちら


ニューヨークのジャズについてもっと詳しく知りたい方はNewYork and Jazzさんのホームページを訪れてみてください。とてもカッコイイホームページですダッシュ(走り出すさま)



banner_02.gif


posted by EL at 12:15 | ニューヨーク ☁ | Comment(2) | TrackBack(2) | 観光情報>ウェブツアー・スポット紹介

2006年03月22日

野球の殿堂クーパーズタウン

WBC見ましたか?特に野球が好きなわけではないのですが、ちょっとテレビに目を向けたら見入ってしまい、世界一ぴかぴか(新しい)の瞬間まで見てしまいましたわーい(嬉しい顔)イチローのインタビューが印象に残りますねダッシュ(走り出すさま)


さてさて、野球に関連したスポットのご紹介です。
WBCの解説の中にも何度か名前が出てきた「クーパーズタウン」。テレビでも言ってましたが、ここに「The National Baseball Hall of Fame and Museum」という大リーグの歴史や有名選手の使ったバット・ユニフォームが展示されている博物館があります。

クーパーズタウンはニューヨーク州内にありますが、マンハッタンからは5時間かかります。しかし!野球ファンには見逃せない場所です。

もちろん、松井秀喜選手のホームランバットも展示されています。イチロー最多安打記録達成の特別展示も行われているようです。


ちょっと遠いので、自力で行くのは大変かもしれません。
ツアーは、のりあい観光ニューヨークさんがおすすめです。(ツアーは4月から催行)

ガイドの吉川さんはとってもジェントルマンぴかぴか(新しい)です!(ニューヨーク滞在中にはお世話になりましたが、吉川さん覚えてるかな〜たらーっ(汗))
吉川さん自身が野球好きなので、長い道中も野球話に花咲くこと間違いなしです!


他にはルックアメリカンもツアーを催行しているようです。


メモ クーパーズタウン Information

アドレス:25 Main Street Cooperstown, NY 13326
ホームページ:http://www.baseballhalloffame.org/
入場料:
大人-$14.50
65歳以上-$9.50
7〜12歳-$5
7歳未満の子供-無料

交通:電車では直接行けないようです。
近くまで電車で行き、バスでなら行けそうです。



banner_02.gif




posted by EL at 00:32 | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光情報>ウェブツアー・スポット紹介

2006年03月08日

アーミッシュ・カントリー @ペンシルバニア

アーミッシュ(Amish)って知ってますか?


アーミッシュはペンシルバニア州やオハイオ州に居住するドイツ系住民の一派で、ペンシルバニアダッチの、キリスト教の一派の再洗礼派に属しているメノナイト派の人々です。

アーミッシュは電気を使用せず、電話等の現代において一般的な通信機器は家庭内にはなく、原則として、現代の技術による機器を生活に導入することを拒み、近代以前と同様の生活様式を営んでいます。

服装はきわめて質素。子供は多少色のあるものを着るが、成人は決められた色のものしか着ません。 洗濯物を見れば、その家の住人がアーミッシュかどうか分かります。(Wikipedia)



ペンシルバニア州でアーミッシュのコミュニティーが集まっているのがランカスター郡です。実際に、訪れてみると電柱が見当たらず馬車が走っていました。見渡す限り畑といった感じの中を車で走りましたが、とても気持ちがよかったです。キルトやカントリー雑貨に興味がある方にはおすすめです。あと有名なのはアップル・バターだそうです♪

私が行った時は、私たちの15人乗りバンにガイドのおばあさんが1人乗ってくれて色々と案内をしてくれました。自力ではちょっと・・・という方は↓

JTB・USAでは「アムトラックで行くフィラデルフィアとアーミッシュ村1日観光」のツアーを催行しているようです。


ただ、訪れるだけではあまり意味がないと思います。ツアーに参加して理解を深めると充実した観光になると思います。
ニューヨークからちょっと足を伸ばしていける距離なのでぜひ行ってみてください。


メモAMISH INFORMATION

●観光するならまずここを訪れましょう!
AMISH FARM & HOUSE
2395 Route 30 East
Lancaster, PA 17602

大人 - $7.25 per person (12歳以上)
子供 - $4.75 per person (5歳〜11歳)
シニア - $6.50 per person (60歳以上)

ホームページ


banner_02.gif
posted by EL at 00:34 | ニューヨーク ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 観光情報>ウェブツアー・スポット紹介

2006年03月03日

ルーズベルト島へトラムでGo!

映画「レノン」を知ってますか?
(知らない人はこちらを!)

映画に出てくるマルチだの寄宿学校があるところがルーズベルト島。マンハッタン島とクウィーンズの間にある島です。マルチダが学校に行くために乗っていたのロープウェイ。このロープウェイはトラムと呼ばれていて、ルーズベルト島への交通手段の一つです(他に地下鉄やバスでも行けます)。


rimap.gif


トラムの駅は59th Stと2Aveにあります。4〜5分の所要時間です。
夜に乗ると空中からマンハッタンの夜景を楽しめます。ルーズベルト島に降りてからも対岸のマンハッタンの夜景を楽しめます。(ガイドブック等には治安がよいと書いてありましたが、駅の反対側はあまり治安が良さそうには見えませんでしたあせあせ(飛び散る汗)人があまりいなかった・・・普通は夜に反対側まで歩かないか・・・)

ルーズベルト島は昔は精神病棟が立ち並んでいたそうです。しかし再開発により今は高層アパートが立ち並んでいます。アパートから見るマンハッタンの夜景は贅沢でしょうね!


また、桜の咲く季節は名所として多くの人が訪れています。対岸に沿って並木道が続いてるんですよわーい(嬉しい顔)


今からの時期(4月)にぴったりかも!時間があったら訪れてみてください犬


メモRoosevelt Island Tram Information

乗り場:59Stと2Aveにある駅
料金 :$2
所要時間:4〜5分
ホームページ:http://www.rioc.com/
写真:http://world.nycsubway.org/us/ritram/



banner_02.gif
posted by EL at 02:29 | ニューヨーク 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 観光情報>ウェブツアー・スポット紹介

2006年02月21日

クロイスターズ美術館

マンハッタンを北上したところにあるフォートトライオン・パークにあるクロイスターズ美術館のご紹介です。

フォートトライオン・パークはビルが聳え立つマンハッタンのイメージからはかけ離れた、大自然を感じることが出来る場所です。ハドソン川を見下ろすことが出来、静かでゆっくりとした時間をすごすことが出来る場所だと思います。


その公園の北側に位置するのがクロイスターズ美術館。中世の修道院を利用して作られた美術館としても有名です。実際に訪れてみると、厳かで神秘気的な雰囲気たっぷりでした。
また、クロイスターズ美術館は、メトロポリタン美術館の分館となっています(そのため入場料は同日であれば共通です)。
cloisters.jpg

cloisters4.jpg


メモ The Cloisters Information

住所:New York, New York 10040
開館時間:火〜日 9:30AM〜4:45PM (11〜2月)
9:30 AM-5:15 PM (3〜10月)
休館日 毎週月曜日、元旦、感謝祭、クリスマス


入館料: 大人 $15
    シニア・学生 $10
    会員・12歳未満 無料

*特別展を見る場合は別途料金がかかります。
*上記料金は希望料金ですが、美術館維持のため希望料金での入館にご協力を!

交通:
バスでバス
M4バスに乗り、終点(“Fort Tryon Park - The Cloisters”)で下車。

メトロで電車
A線で“190th Street”まで行き、エレベーターで駅から出て、“Margaret Corbin Drive”に沿って10分ほど北へ歩く。徒歩のかわりに北行きのM4バスに乗り換え、すぐ次の停留所で下車してもよい。


バスの方がわかりやすいと思います。美術館の目の前に止まります。マンハッタン中心部から40〜50分の所要時間でした。

メトロは出口を間違えなければ、特に問題はありません。駅を出て要塞のような建物に向かって歩くだけですが、距離は結構あると思います。ガイドブックには5分、ホームページには10分とありましたが、15分は歩きました。でも公園のゆったりとした雰囲気を感じながら歩いて行くのも良いのではわーい(嬉しい顔)

私は行きはメトロ+徒歩、帰りはバスでした。


ホームページ:
The Cloisters

Fort Tryon Park



banner_02.gif
posted by EL at 15:48 | ニューヨーク ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 観光情報>ウェブツアー・スポット紹介

2006年01月03日

自由の女神へGO! [ウェブツアー]

今まであまり観光情報を載せてきませんでしたが、時間がある時にウェブツアーという形でご紹介していきたいと思います。
(掲載はかなり不定期になりますがご了承下さいもうやだ〜(悲しい顔))

ニューヨークWEB TOUR

第一日目

今日から始まったこのNY WEB TOUR。皆様の旅のお供兼ナビをさせて頂くELです。何かありましたら何なりとお申し付けください(^-^)


さてどこから旅を始めようかとNY、マンハッタンの地図とにらめっこした結果。。。
独断と偏見でロウアーマンハッタンからまわることに決定!! 

今日からロウア−マンハッタンからアッパーマンハッタンに向けてマンハッタン島を北上していきたいと思います。

それではお目当ての場所に行く前にロウアーマンハッタンとは!?

ロウアーマンハッタンとはマンハッタン島の最南端にある他のエリアと比べて少し小さめのエリア。ここのエリアで有名なのは何と言っても自由の女神!そして9・11で破壊されてしまったグラウンド・ゼロがあるのがこのエリアです。

さぁ、お待たせいたしました!それでは、WEB TOUR2006(勝手に名前付けちゃった・・)の始まりです!


皆さん私を見失わないで下さいね〜手(パー)
それでは最初の観光スポットに参りましょう!
これから行くのは、もうお分かりですか??
そう自由の女神です!
見るとアメリカに来たな〜って実感して頂けると思います。


さあ、バッテリーパークに着きましたよ〜!
夜の公園は危険ですので、日中に訪れた方がいいですねあせあせ(飛び散る汗)


もっと近くに行きたい??それではもっと近くに行ってみましょう!
フェリーに乗ってリバティー島に行きます!
web-l5.jpg

おー、後ろをご覧下さい!マンハッタン島のビル群がきれいに聳え立ってますよ!

web-l1.jpg


はい、着きました〜!足元にお気をつけて!


さてここでちょっと説明させて頂きます!!web-l3.jpg

この自由の女神がフランスからアメリカ独立100周年を記念して送られたことは有名ですよね。

右手にたいまつを掲げ、左手に独立記念日の日付が入った独立宣言書を持っています。このたいまつは何を意味しているのでしょう??それは「自由と解放の道をてらす」。

そして女神がかぶっている冠。あのぎざぎざ何個あるかしってますか??7個です。これは世界7つの海と7大陸を表しています。

さーて説明はさておき記念撮影をしましょう!う〜ん、カメラマンさんは寝転ばないと自由の女神がカメラに収まりませんよ〜!

えっ??大きさですか?


はい説明いたしましょう!
女神の大きさは、地面からトーチの先までが約93m。
台座からトーチまでが約46m。かかとから頭の先までが約34mです。
大きいですね〜!

写真も撮ったし、マンハッタン島に戻りますか!とその前におみやげ猫プレゼント
自由の女神の冠なんかどうですか??



メモ 自由の女神・インフォメーション

料金船
13歳以上   $11.50
62歳以上   $9.50
4歳から12歳 $$4.50


時間足
9:30AM - 5:00PM


交通:
電車
1番線に乗りSouth Ferry Stationへ。
4または5番線に乗りBowling Green Stationへ。
NまたはR線に乗りWhitehall Street Stationへ。

*メトロは工事などで変更になったりするので利用前に確認してください。

バス:
M15 に乗りSouth Ferryへ
M6に乗り 57th Streetへ。


参考URL

Statue Of Liverty

National Park Service

CircleLine

ローワーマンハッタン地図






banner_02.gif
posted by EL at 18:46 | ニューヨーク ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 観光情報>ウェブツアー・スポット紹介

2005年12月24日

ニューヨーク・ウェブツアー[マンハッタンって何語?]

ニューヨークの中心部「マンハッタン」。

マンハッタンって何語か知っていますか?

実はこれアルゴンキン語なんです。

アルゴンキン語って何!?って思いますよね。

アルゴンキン語とは、ニューヨーク地方にかつて住んでいた先住民インディアン「アルゴンキン族」の話していた言語なんです。

マンハッタンはアルゴンキン語で「丘の島」を意味します。


このアルゴンキンを始めとしてニューヨーク地方には5つの部族が住んでいました。

この5つの部族はアメリカ全土の他の部族と異なり、結束力がとても強かったそうです。

また、敵や他族からの攻撃に備えて防壁を作っていたそうです。


さてニューヨークの始まりですが、現在のニューヨークの第一歩を築き上げたのはオランダでした。

オランダは1581年にスペインから独立しています。

そして1609年にヘンリー・ハドソンにニューヨーク地方を探検するよう命令をしました。

その結果、ハドソンはマンハッタン島を発見したのです。

が・・・、ハドソン自身はこれをニューヨークと思わず、カリブ海の諸島のひとつと勘違いをしていました。


マンハッタン島を発見したオランダは次々と移民を送り込みます。

そこで移民たちが出会ったのは先住民インディアンでした。

先住民インディアンは移民に対してとても友好的で、寒さの厳しい冬の過ごし方や作物の栽培の仕方など、生活に必要な知恵を教えていきました。

移民たちはしだいにマンハッタン島の最南端に港町を形成していきました。

そしてそこを「ニューアムステルダム」と名づけたのです。1625年のことでした。


翌年の1626年。

今では考えられないようなことが起きます。

オランダの西インド会社がマンハッタン島を先住民から買い取ったのです。

しかも・・・

$24相当のビー玉や布切れと引き換えに。

この取引はボーリング・グリーンというオランダ側のボーリング場で行なわれました。

現在は、ボーリング・グリーン公園となっています。


この取引の後から先住民とオランダの関係が変わってきます。

インディアンはオランダから物を盗むようになり、オランダはそれを防ぐために防壁を築き上げたのです。

この防壁が現在の「Wall Street」の由来といわれています。


しかし40年後、ニューアムステルダムはイギリスに奪われてしまうのでした。


イギリスの統治下になった現在のニューヨークは、時のイギリス王チャールズ二世の弟ヨーク候の手に渡ります。

そしてヨーク候は新しい自分の土地という意味で「ニューヨーク」と名づけたのです。




ny5.jpg



banner_02.gif


posted by EL at 01:52 | ニューヨーク ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 観光情報>ウェブツアー・スポット紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。